タグ「楓涇三橋」がついているエントリー

清風橋(楓涇三橋)から南を見た景色

清風橋まで戻ってきました。これは、清風橋から南の南大街を見たところ。左にあるのが楓涇三橋の広場です。

楓涇古鎮の詳細地図を拡大する

サムネイル:清風橋(楓涇三橋)から南を見た景色

清風橋(楓涇三橋)を東から眺める

なんか、ほんと、ずっとそうなんですが、楓涇は、水郷の観光地でありながら、地元の人の生活の一部なんですね。そういう様子も、見ていて面白いです。

サムネイル:清風橋(楓涇三橋)を東から眺める

ここも清風閣茶楼

さきほどの建物が清風閣茶楼でしたが、北豊橋を東に渡ったところにも、清風閣茶楼になっていました。おっ、黒板を見ると、ここでは、食事ができるみたいですね。シュウマイも売っているみたいです。

楓涇古鎮の詳細地図を拡大する

サムネイル:ここも清風閣茶楼

北豊橋(楓涇三橋)から北向きの景色

北大街へは進まず、向きを変えて、東に行くことにしました。東へ行くのに渡るのが、楓涇三橋の最後『北豊橋』です。写真は、北豊橋から北向きの景色です。

楓涇古鎮の詳細地図を拡大する

サムネイル:北豊橋(楓涇三橋)から北向きの景色

北大街の標識

こちら、北大街の標識の標識。右(北)のほうにあるらしい『丁聡漫画館』が気になります(笑)。

サムネイル:北大街の標識

清風橋の上から東向きの景色

清風橋は、少し高さがあるので、景色がきれいに見えますよね。う~ん、でも、よく見ると、マンションやモーターボートが邪魔ですねぇ。

サムネイル:清風橋の上から東向きの景色

清風橋(楓涇三橋)

これが、楓涇三橋の一つ、清風橋です。北のほうへ渡っていきましょう。

楓涇古鎮の詳細地図を拡大する

サムネイル:清風橋(楓涇三橋)

靴に刺繍しているおばさん

楓涇三橋の広場で、靴に刺繍しているおばさんがいました。休日の昼間に、水郷の景色を眺めながら刺繍するっていう生活も、いいですよね~。

サムネイル:靴に刺繍しているおばさん

十二支欄干から東側を見る

十二支の飾りの欄干から、東向きに運河を眺めたところです。この写真、いかにも水郷っぽくていいですよね。ところで、十二支の飾り、手前は馬なのはわかるんですが、向こう側のは???あれ、蛇なんですかね(笑)。

サムネイル:十二支欄干から東側を見る

欄干の十二支飾り

楓涇三橋の一つ、運河を南北に渡る『清風橋』の近くの欄干には、こんな少しかわいい飾りがついていました。順番を見ると十二支なんですね。カメラで接写しているのが先生。先生がなぜかすごく興味を持っていたんですよね。芸術家の心をくすぐったのでしょうか(笑)。

サムネイル:欄干の十二支飾り

楓涇三橋広場

ここが広場の中心。『楓涇三橋』と書いた岩が飾ってありました。広場には、観光客よりも、地元の人のほうが多かったです。

サムネイル:楓涇三橋広場

竹行橋の西側の広場

竹行橋を西側に渡ったところの広場です。向こう側の道は、『中大街』。中大街にもお店がたくさんあります。

楓涇古鎮の詳細地図を拡大する

サムネイル:竹行橋の西側の広場

竹行橋(楓涇三橋)の南側

こちらは、竹行橋(楓涇三橋)から南側を眺めたところです。こちら側は、お店などもなく、ひっそりとしていたのですが、これが実は、楓涇古鎮の特徴である長い廊棚『楓渓長廊』なんですね。廊棚は廊橋とも呼びます。屋根がある小道のことで、雨や夏の日差しを避けるための工夫なのだそうです。※参考サイト⇒ぶらり看・吃・玩

楓涇古鎮の詳細地図を拡大する

サムネイル:竹行橋(楓涇三橋)の南側

竹行橋から見た北豊橋(楓涇三橋)

竹行橋を渡っている途中で、北側、反対側にある、北豊橋を撮ってみました。

サムネイル:竹行橋から見た北豊橋(楓涇三橋)

竹行橋(楓涇三橋)

運河の南側を西へ進んでいくと、楓涇三橋の中の、この竹行橋を最初に渡ることになります。西へ渡ったところは、小さな広場のようになっています。みなさん、座ってますね。


より大きな地図で 楓泾バスターミナル~中国農民画村 を表示

サムネイル:竹行橋(楓涇三橋)

楓涇三橋近くにモーターボート!

楓涇古鎮、一番の名所、楓涇三橋に到着。ちょうど運河が交差するところで、橋が三つあるので、楓涇三橋と呼ばれているみたいです。それにしても、ビックリしたのが、このモーターボート。お金持ちは水郷の中を乗り回してしるんでしょうか?(笑)

楓涇古鎮の詳細地図を拡大する

サムネイル:楓涇三橋近くにモーターボート!